首都大学東京ヘルスプロモーションサイエンス学域
首都大学東京 ヘルスプロモーションサイエンス学域

車いすバスケットボール体験講習会&ゆるスポーツ体験会

2019年3月12日

荒川スポーツ振興プロジェクトは、首都大学東京・教育改革推進事業(首都大版GP)の支援を受け、実施しています。

 

こんにちは!助教の福原です。

パラスポーツ体験イベントの第2段!として,

2月27日(水),本学荒川キャンパスにて「車いすバスケットボール体験講習会&ゆるスポーツ体験会」が開催されました。荒川キャンパスに所属する学生さんが参加くださり大盛況でした。以下,当日の様子をご報告いたします。

IMG_3620.JPG

IMG_3652.JPG

 

【車いすバスケットボールを体験してみよう!】

午前は,埼玉ライオンズの方々をお迎えし「車いすバスケットボール」を体験しました。選手やコーチとして活躍されている5名のエキスパートの方々が,競技用車いすの操作法や練習法等をご指導くださいました。テレビやイベントでしか見たことのない車いすバスケを実際にプレーすることで,車いす操作の難しさだけでなく,そのスポーツ本来の楽しさを体感する教育的機会を提供することが目的でした。

no2.jpg

参加者の殆どが理学療法学科の学生さんでした。そのコメントの多くは,「障がいを持っていても,健常者以上の運動能力が必要なこと」や,「身体の一部のように車いすを扱っていること」に新たな驚きや発見があったようです。加えて,医療従事者を目指す学生さんにとっては,身体部位の切断や脊髄損傷などの障がいがある講師の方々と触れ合うことがとても刺激的であり,未来の医療現場で「自分が何をできるのか」を考えるよい学びの場となりました。

 

【ゾンビサッカーを体験!?】

午後は,本学学生が主体となり「ゆるスポーツ」のひとつである「ゾンビサッカー」を体験しました。ゾンビサッカーは,ブラインドサッカー(ボールの音のみを頼りにサッカーをする)をゆるくしたスポーツです。詳細は以下(世界ゆるスポーツ協会webサイト:https://yurusports.com/sports/zombiesoccer)をご参照ください。

no3.jpg

すべての運営は学生スタッフが主体となり,「皆が気軽に、楽しく身体を動かせるもの」を目指し,私たちがこれまで経験したことのない新しい企画を提供してくれました。この体験会は,教員主導のイベントを受身的に体験するのではなく、学生が主体となりイベントを開催することに教育的意義があります。

人間チームは視覚情報が使えるフリーな状態ですが,ゾンビチームはマスクを被り視覚が遮断され,ボールや鈴の音だけを頼りに動く必要があります。参加者のコメントの多くは,「目が見えないことの怖さ」「視覚情報が使えないと意外に疲れる」といったものがあり、身体を動かすことでしか分からない「視覚のない世界」に触れる貴重な機会になりました。また参加者の殆どが「とても楽しかった」「楽しかった」と報告しており,企画・運営を進めてくれた学生チームの頑張りが,参加者に伝わったようです。

 

【荒川スポーツ振興プロジェクトの総括】

本プロジェクトでは,パラスポーツの体験イベントに加え,荒川キャンパスにおけるスポーツ(パラスポーツ)への意識調査も行っています。学生スタッフの報告によると,「荒川キャンパス所属の学生の多くは,運動(スポーツ)に対する意識は高いが,こうした時間を避ける時間や機会を設ける“余裕”がない」ということがわかりました。

IMG_3633.JPG

その主たる理由は,「運動(スポーツ)はしたいけど、テストがあって難しい」というものでした。

その結果,「南大沢キャンパスにいた頃に比べて,運動する機会が減った」「サークル活動が活発ではない」など,自らが置かれた環境や勉学の状況によって,運動(スポーツ)する機会が大幅に減ってしまったようです。また「学科間でもっと交流があってほしい」という意見があることから,運動(スポーツ)をするイベントを通して学生生活の充実化を図りたいという希望があることも分かりました。

多くの医学的知識を学ぶことは,荒川キャンパスの学生にとっては必須です。しかしアンケート結果や,実際に彼らと一緒に身体を動かした経緯からも,運動(スポーツ)を通して「身体を動かすことの大切さ」や「コミュニケーションの充実度」を高める学習機会が必要であるように感じました。将来的に,学生が主体となり,忙しいスケジュールを調整しつつも,継続的に運動(スポーツ)をする時間や機会を設けることが,今後の課題であると思われます。

 

本年度の荒川スポーツ振興プロジェクトは,今回で終了となります。次年度以降,このプロジェクトにサポートして頂くことができれば継続して続けていきたいと思っております。最後に,講師としてご指導くださった車いすバスケットボールの講師の皆さん,そして荒川スポーツ振興プロジェクトをサポートしてくれた学生スタッフに心から感謝申し上げます。

文責:福原和伸



M2渡邉諒君,国際誌に論文を発表

2019年2月 1日

行動科学分野・知覚運動制御研究室に所属する修士2年,渡邉諒君が,修士論文に使用したデータを国際誌Journal of Motor Behaviorで発表しました。

Watanabe R, Wagman JB, Higuchi T. Dynamic touch by hand and head duringwalking: protective behavior for the head. Journal of Motor Behavior, in press, DOI: 10.1080/00222895.2018.1563043 

研究の詳細はこちらをご覧ください。



ボッチャ体験教室:パラスポーツを体験してみよう!

2018年12月10日

ボッチャ体験教室は、首都大学東京・教育改革推進事業(首都大版GP)の支援を受け、実施しています。

 

こんにちは!助教の福原です。

「パラスポーツを体験してみよう!」ということで、荒川スポーツ振興プロジェクトの一環として「ボッチャ体験教室」が,12月5日(水)荒川キャンパスの体育館にて開催されました。ボッチャ公認審判員の資格をもつ杏林大学の理学療法学科の学生さん5名が,わかりやすく丁寧に指導をしてくれました。当日は,本学の荒川キャンパスで医療従事者を目指す25名の学生さんが参加し,大盛況でした。

集合.jpg

ボッチャは,重度の脳性麻痺や四肢の機能的障がいを抱える方々のために考案されたスポーツ競技です。

白いジャックボールに,青と赤のボールを投げたり,転がしたり,当てたりすることで,いかに近づけるかを競います。ジャックボールの前にある対戦チームのボールをさけるなど,繊細な投球感覚や距離感覚が求められる高度な専門的スキルが求められます。実際に私もプレーをしてみましたが,その難しさや面白さを経験することで,ボッチャがパラリンピックの正式種目として採用されていることに納得のいくものでした。

Fig1_bocha.jpg

Fig2_bocha.jpg

今回,企画立案・運営,講師,そして受講者のすべてが学生さんでした。特に講師が受講者と同じ医療従事者を目指す学生さんであったこともあり,その受講者の多くは親近感を感じながら指導を受けることができたようです。

受講後のコメントには,「とにかく楽しかった」,「同じ学生でも違う考えを持つことに驚いた」,「パラスポーツを理解できたよかった」など,パラスポーツを通して新たな発見や刺激を得ることができたようです。また受講者のほとんどは「パラスポーツに関する関心が以前よりも高まった」と回答されており,今回のイベントの学習機会の提供による教育的効果が見られように思われます。

荒川キャンパスで医療従事者を目指す学生さんにとっては,医療の専門的知識に加え,運動やスポーツを通して「身体を動かすことの大切さ」を知ることが重要になります。今回の体験教室は,まさにこうした意図を伝えるための企画です。この趣旨に賛同してくれた荒川にいる学生有志が,忙しい時間を割いて企画・運営に尽力してくれました。ここに感謝の意を表したいと思います。

次回は2月に「車いすバスケ体験教室」を開催する予定です。次回はどういった展開になるのか,今から楽しみです。

 

文責:福原和伸

 



第41回日本分子生物学会

2018年11月29日
助教の古市です。
 
11月は予備審査会や研究計画発表会など教務イベントが盛りだくさんです。皆さん入念な準備をして頑張っていましたが、写真を撮るのを忘れていました。
 
学位論文の執筆も始まる頃だと思いますが、今日はパシフィコ横浜で日本分子生物学会があり、運動分子生物学研究室の濱口君がポスター発表をしました。様子を見に行ったものの、大盛況で常に人だかりがあり、近づくことができませんでした。修士論文をまとめる上で参考になるコメントをもらえたようです。
 
IMG_7626.JPG
 
29日の夜には「UJA留学のすゝめ2018」という、海外留学を考えている研究者に向けて留学をエンカレッジするためのフォーラムがありました。現在ポスドクあるいは学生として海外で活躍する方々から多種多様な生の声を聞くことができました。多くの大学院生が(高校生も!)参加して真剣に耳を傾けていました。僕にとっても貴重な情報ばかりでした。
毎年開かれているそうなので、次回はぜひHPSの皆さんにも聞いてもらいです。


福原先生サバティカル研究留学帰国報告会が行われました

2018年10月12日
こんにちは.助教の井村です.
今月10月4日は,昨年度後期にサバティカル制度を利用してオランダに研究留学をされた福原先生の帰国報告会でした.
 
留学先研究室の選定や,オランダの滞在手続き,現地での生活基盤の整え方,そして留学先で得てこられた様々な成果を,わかりやすい言葉でお話ししていただきました.
図1.jpg
 
福原先生のご専門はスポーツ心理学で,プロスポーツ選手には競技中にどのように視覚情報を認知しているかについての研究をされています.留学先であったアムステルダム自由大学は,Human movement Science(身体運動科学)の権威で,人間を対象とした研究が盛んな大学です.そちらの大学で同じくスポーツ心理学で活躍されているDr.David Mannのもとに留学されました.
オランダの大学院での研究は,スーパーバイザーを社長とした個々の企業みたいなもののようです.
大学の研究施設は,人間を対象とした様々な実験ができるよう専任のテクニシャンがおり,充実しているようです.
日本では研究者の生活スタイルは修行僧のようですが,ヨーロッパに行くとなぜか優雅な時間の中で成果が出るようです.
このように,実際に行って見ないと体験しえない様々な情報をお話しいただけました.
 
もともと海外での研究にとても興味をもっておられたということで,今回の研究留学を最大限に生かそうと努力されたご経験のお話が,学生にとっても,また教員にとってもとても興味深かったと思いました.また福原先生ご本人もお話しされていましたが,自身の研究の強みをしっかりと持ってドアをたたけば異国での道は開ける,とのお話が印象的でした.
 
陰性・教員とともに多くの刺激に感化された時間となりました.
図2.jpg


1