首都大学東京ヘルスプロモーションサイエンス学域
首都大学東京 ヘルスプロモーションサイエンス学域

福原先生サバティカル研究留学帰国報告会が行われました

2018年10月12日
こんにちは.助教の井村です.
今月10月4日は,昨年度後期にサバティカル制度を利用してオランダに研究留学をされた福原先生の帰国報告会でした.
 
留学先研究室の選定や,オランダの滞在手続き,現地での生活基盤の整え方,そして留学先で得てこられた様々な成果を,わかりやすい言葉でお話ししていただきました.
図1.jpg
 
福原先生のご専門はスポーツ心理学で,プロスポーツ選手には競技中にどのように視覚情報を認知しているかについての研究をされています.留学先であったアムステルダム自由大学は,Human movement Science(身体運動科学)の権威で,人間を対象とした研究が盛んな大学です.そちらの大学で同じくスポーツ心理学で活躍されているDr.David Mannのもとに留学されました.
オランダの大学院での研究は,スーパーバイザーを社長とした個々の企業みたいなもののようです.
大学の研究施設は,人間を対象とした様々な実験ができるよう専任のテクニシャンがおり,充実しているようです.
日本では研究者の生活スタイルは修行僧のようですが,ヨーロッパに行くとなぜか優雅な時間の中で成果が出るようです.
このように,実際に行って見ないと体験しえない様々な情報をお話しいただけました.
 
もともと海外での研究にとても興味をもっておられたということで,今回の研究留学を最大限に生かそうと努力されたご経験のお話が,学生にとっても,また教員にとってもとても興味深かったと思いました.また福原先生ご本人もお話しされていましたが,自身の研究の強みをしっかりと持ってドアをたたけば異国での道は開ける,とのお話が印象的でした.
 
陰性・教員とともに多くの刺激に感化された時間となりました.
図2.jpg


ヘルプロFDセミナーが開催されました

2018年10月 4日
こんにちは!
文武両道は学生時代の憧れではないでしょうか?
 
首都大の身体運動演習では、体力測定、認知テスト、そして運動実習で、文武両道を目指すあなたをサポートします!という取り組みが今年度から始まりました。先日9月27日に行われたFDセミナーでは、新プログラムの導入に協力していただいた紙上敬太先生(筑波大学)に体力と認知機能の関係を、石原暢先生(玉川大学)に、今年度導入した新体力測定と認知テストの結果をご講演いただきました。
 
子供や高齢者では、フランカーテスト、N-backテスト、スイッチ課題等の認知機能テストを用いて、有酸素運動能力とそれらのスコアが有意な正の相関が認められることが明らかとなっているそうです。ここで注目されているのは、学習に関係のある実行機能というものです。詳しく言うと、抑制、作業記憶、認知的柔軟性という認知機能です。
説明を聞いていると、
センター試験の四択で、わかってるのに焦って引っかけ選択肢に引っ掛かる、
記述問題で、あれ?さっきも同じようなこと論じた、
中学英語でも日本語と同じように喋れずに困る、
そんなヒヤリハット記憶が脳裏に浮かびました。
図1.jpg
 
そんなことが、自転車こぎで測るような有酸素運動能力と関連しているなんて!
これは首都大の身体運動演習を取るしかありません。
図2.jpg
石原先生には、今年度前期の体力測定結果とフランカーテスト、N-backテストの結果との関係を報告していただきました。首都大生の握力や長座体前屈のスコアは、これらの認知テストの結果と正の相関があったようです。
 
冗談はさておき、ほとんどシーリングに近い大学生の認知機能と体力との関係が、首都大で明らかになろうとしています!この謎について、FDセミナーでは先生方の専門領域の違いを越えて様々な意見や質問が飛び交いました。まさに学際的。日頃の先生方の協力体制が顕著に現れた時間となりました。

井村・福原


2018アウトドア実習

2018年9月30日

助教の古市です。

今年も夏期集中のアウトドア実習に参加してきました。(全学の共通教養科目です)

山梨県の山中湖にて34日で行う本実習は、カヤックやサイクリング、登山など非日常の遊びを自然の中で体験できるとても充実した内容です。初めて出会った仲間と寝食を共にし、集団生活の楽しさも味わうことができます。

 

今年は近年より大勢の人が参加したこともあり、とても盛り上がりました。

古市は今年初めてカヤック班を担当しました。といっても主担当はPACIFICRIMSPORTSの寺田匡志さん。カヤックを上手に乗りこなすテクニックはもちろん、カヤックの歴史と文化までも丁寧に教えて下さいました。初めはなかなか真っ直ぐに進めず苦労していた参加者もすぐに上達して、皆で向こう岸まで漕ぎきることができました!

 

DSCN0110.JPGDSCN0092.JPG

 

3日目には石割山の登山。今年は天候に恵まれて気持ちよく登ることができました。

 

DSCN0237.JPG

 

夜には4班に分かれて飯盒炊飯をしました。今年は初めての試みとして、カレーライスの出来映えを教員が審査員となって順位付けを行いました。様々なハプニングがあったものの、非常にレベルの高い戦いとなりました!

 

DSCN0269.JPG

 

来年も4月に参加者を募集します。興味のある方は是非参加してください!

また、後期は2月に長野県の戸隠村でスノースポーツが開催されます。こちらも充実した内容ですので、参加希望の方は10月第一週に履修申請してください!詳しくは13号館入口、あるいは教員まで。



第73回 日本体力医学会大会(福井)

2018年9月 3日
来週、9月7–9日に福井で第73回日本体力医学会が開催されます。
ヘルスプロモーションサイエンス学域からは下記の研究発表がありますので、お知らせいたします。
 
9 月 7 日(金)
 
〇 笠原 秀昭(行動生理学研究室)
P-A-1-27(ポスター発表)
運動時に賦活する機能的脳神経ネットワークの運動強度依存性
 
〇 石田 舞奈(行動生理学研究室)
P-A-1-28(ポスター発表)
既修得課題直前のストレスが課題のパフォーマンスに及ぼす影響とモノアミン神経系の関与
 
〇 船橋 大介(スポーツ神経科学研究室)
P-A-1-32(ポスター発表)
豊かな環境による脳機能向上に身体活動が果たす役割
 
 
9 月 8 日(土)
 
〇 北 一郎(行動生理学研究室)
シンポジウム9  :「脳を守る至適運動・環境条件の探索」(座長 : 北 一郎)
運動による抗うつ効果の至適運動条件の探索
 
 
9 月 9 日(日)
 
〇 西島 壮(スポーツ神経科学研究室)
シンポジウム10  :「脳の健康づくりと運動 -運動の効果発現メカニズムを考える-」(座長 : 永松 俊哉、征矢 英昭)
運動/身体不活動と脳機能
 
〇 眞鍋 康子(運動分子生物学研究室)
シンポジウム11 :「健康科学を牽引する基礎細胞生物学の最前線」(座長 : 古市 泰郎、星野 太佑)
骨格筋細胞の張力を測定する新技術


体育会活性化プロジェクトの開始

2018年8月20日
助教の古市です。
 
スポーツをすると、楽しいし、仲間が増えるし、健康にも良い。
大学の部活動はスポーツを思い切り楽しめる貴重な機会で、高校までとは違って学生が主体だから組織運営のノウハウも身につき、その経験は社会に出てからきっと役に立つ。
そのことを首都大の学生にもっと知ってもらいたい!
 
そのために、体育会運動部を盛り上げる活動を開始しよう。
学生に話を聞いてみると、学業やアルバイト、就職活動など様々な理由で、たとえ入部しても途中で退部してしまう学生が多いことが分かった。
気持ちは分かる。でも、大学部活に所属する意義をもう一度考えてほしい。
 
ということで、本日、HPSではアスリートのキャリア支援を行っているNPO法人 Shape the Dream にお願いし、首都大体育会学生に対して講演(Shape)をして頂くことになりました。
ロゴ.png
頂いたテーマは「スポーツとわたしの価値(勝ち)を考える」
 
前半は、Shape the dream代表理事の白木栄次さん。
まずは少し緊張気味の学生をアイスブレークでほぐしてから、皆はなぜ体育会部活動に入部したのか?なぜ続けるのか?を考えさせ、部活動をやる意義のマインドセットをして頂きました。自分の部活の価値観や信念(WHY)を話し合うことが大切だと話されていました。
 
IMG_7446.JPG
 
私は知らなかったのですが、人はWHAT(なにを)ではなく、WHY(なぜ)に動かされるそうです。
だから何かを伝えるときは、
 WHAT(なにを)→HOW(どのように)→WHY(なぜ) 
ではなく、
 WHY(なぜ) →HOW(どのように)→ WHAT(なにを)
と話すのが良いそうです。
(私はいつもWHATから話してしまいますが、この記事の冒頭はWHYから書いてみました)
 
P1060583 2.jpg
 
後半は、大学時代にライフセービング部を創設したという、森山 瞳さん。
自ら組織を作り、それをマネージメントされた経験談は、部の運営に悩む学生にとって目から鱗でした。
創部当時のメンバーの多くはすぐに辞めてしまったものの、そこから部を立て直し、森山さんが卒業された後も部はしっかりと存続しています。リーダーとして後輩を育成し、競技力の向上のために部の目標を明確にさせた、それぞれのプロセスは大変勉強になりました。
 
P1060607 2.jpg
 
講演後は学生からいくつも質問が続き、大変貴重な機会となりました。
 

P1060596 2.jpg

今後は、課題ごとにグループを作り、それぞれの問題解決に向けて活動を開始していきます!
首都大生の力に期待しましょう!
 
 
なお、この取り組みは、首都大学東京・教育改革推進事業(首都大版GP)の支援を受け、実施しています。
 
古市泰郎


1