首都大学東京 ヘルスプロモーションサイエンス学域

【お知らせ】第168回日本体力医学会関東地方会

2016年11月30日

今週、首都大学東京・荒川キャンパスで、第168回日本体力医学会関東地方会が開催されます。

日時 平成28年12月3日(土)
会場 首都大学東京・荒川キャンパス(東京都荒川区東尾久7-2-10)

 *本大会は人間健康科学研究科の研究科長である渡邊 賢先生が当番幹事です。

 

ヘルプロからは、眞鍋 康子准教授が特別講演(市民公開講座)を行います。

運動はなぜ糖尿病を予防・改善するのか?
眞鍋 康子(首都大学東京 人間健康科学研究科 ヘルスプロモーションサイエンス学域)
 

また、一般口頭発表では、行動生理学研究室・修士2年の森川涼子さんと、運動分子生物学研究室・修士1年の青木友那さんが研究発表を行います。

運動条件の違いによる抗うつ作用とセロトニン神経活動との関連
森川 涼子(首都大学東京 人間健康科学研究科 ヘルスプローションサイエンス学域)
 
ショウジョウバエを利用したマイオカインの生理機能重要度評価
青木 友那(首都大学東京 人間健康科学研究科 ヘルスプロモーションサイエンス学域)

 

プログラムは下記の体力医学会のホームページからダウンロードできます。

http://www.jspfsm.umin.ne.jp/region/program/kantou_168_3.htm

ヘルプロ研究発表会

2016年11月29日
助教の古市です。
 
11月は、ヘルプロ学生の研究発表会が続いて開催されました。
修士課程では、M1が研究計画発表会、M2が予備審査会を実施しました。さらに博士課程の学生は中間発表会として研究の進捗状況を発表しました。
学位論文完成までのプロセスの詳細は、年間スケジュール表をご覧下さい。http://www.tmu-hps.jp/about/index.html#04
 
自分では取り組んでいる研究を理解しているつもりでも、いざ他の研究室の方に伝えるとなると、なかなか難しかったのではないでしょうか。
予備審査会をクリアした皆さんは、学位論文完成まで、もうひと頑張りです。
研究計画について意見をもらった皆さんは、それを活かして研究を加速させてください。
 
12月を目前に、南大沢はすっかり寒くなりました。
13号館には恒例のクリスマスツリーも登場しました。
 
2016-12-01_17-57-39_936.jpeg

【受験情報】入試説明会が近づいて来ました。

2016年11月 7日
ヘルスプロモーションサイエンス学域の後期入試説明会が近づいて来ました。
 
平成29年度入試説明会
日時:11月19日(土)13:00 開始(12:30 開場)
会場:南大沢キャンパス 12 号館 202 室
 
ご来場お待ちしております!
 
概要はこちら
 
<交通アクセス>
 
<キャンパスマップ>
25番が会場の12号館になります。