首都大学東京 ヘルスプロモーションサイエンス学域

平成29年度修士論文最終審査会

2018年1月30日

昨日(1月29日)、修士論文の最終審査会が行われました。

総勢12名の大学院生が、修士課程で取り組んだ研究を堂々と発表していました。

自分の研究を分かりやすく伝えるため、どれも工夫を凝らした素晴らしいプレゼンテーションでした。

お疲れ様でした!

IMG_0811.JPG

樋口研・米本さんの発表

 

IMG_5657.jpg

審査会後、晴れやかな表情の運動分子の学生たち

(古市 泰郎)

大雪2018

2018年1月25日
 記録的な大寒波の到来で、今週の月曜日、東京は大雪となりました。八王子は都内の大雪地方で、東京に雪が降った際には定点観察地としてテレビで何度も様子が中継されます。木曜日の今日になっても大学キャンパスは雪で覆われています。ヘルスプロモーションサイエンス学域のある13号館前も車が入れない状態でした。
 
 そんな中、すでに厚い氷の塊と化した雪に戦いを挑んだ勇士たちがいました。一時間以上かけて、研究棟前をきれいに除雪してくれました。仕事をやり遂げた勇士たちの爽快な笑顔をご覧あれ。
 
IMG_2594.jpg
(藤井 宣晴)
 

大学院分野横断プログラムの紹介

2018年1月24日
 ヘルスプロモーションサイエンス学域は、平成30年度から開設される「大学院分野横断プログラム」の
生体理工学プログラムに参加します。
 
 生体理工学プログラムの対象専攻・学域はこちら
  ・システムデザイン研究科 機械システム工学域
  ・理学研究科 生命科学専攻
  ・人間健康科学研究科 ヘルスプロモーションサイエンス学域
 
 詳細はこちらをご覧下さい。
 
 このプログラムでは博士前期課程の学生を対象としています。他専攻・他学域が提供するゼミナールを履修することで、生体理工学の基礎と最先端の成果を学びます。また、「研究室インターンシップ」によって異なる研究室で活動を行うことで、研究の視野を広げます。生体理工学に関する基礎知識と専門知識を身につけ、応用力を強化し、さらに専攻分野の研究力を高めていくことを目指します。
 

雪が積もりました

2018年1月23日

昨日の大雪で、南大沢キャンパスにもたくさんの雪が降りました。

今朝、13号館では26センチの積雪が観測されましたが、

早起きの学生の協力によって、すでに雪かきが完了しています。

皆さん、気をつけて来て下さい。

IMG_5588.jpg(古市 泰郎)