首都大学東京 ヘルスプロモーションサイエンス学域

新年度のご挨拶

2018年4月20日
教授の樋口です。本年度4月より,ヘルスプロモーションサイエンス学域の学域長を拝命いたしました。前任の学域長・藤井宣晴教授のご指導を受けながら,学域の運営に尽力いたします。どうぞよろしくお願いします。
 
2018年度,ヘルスプロモーションサイエンス学域は,教員10名(教授4名,准教授3名,助教3名),大学院生20名(博士院生4名,修士院生16名)の構成です。このほか,客員研究員,ならびに学部生として学域の教員の指導を受ける学生も在籍しています。
 
本年度より,本学では大学院分野横断プログラムがスタートしました。複数の研究科をまたぐ学際的教育プログラムです。私たちが所属する人間健康科学研究科も,プログラムに参加しています。他研究科の先端的な研究を学ぶことを通じて,自身の研究力を更に高めるとともに、研究に対する視野を広げ応用力を身に付けることを目指しています。ヘルスプロモーションサイエンス学域は,教員・大学院生ともに,初年度からプログラムに深く参加しています。
 
これまでヘルスプロモーションサイエンス学域の教員は,人間健康科学副専攻コースの教育にも携わってきました。様々な専攻の学生に対して,健康にかかわる専門的知識を提供するプログラムを提供しています。大学院分野横断プログラムと合わせて,これからも多くの学生に学際的な教育プログラムを提供していきたいと思います。
 
私は中学から12年にわたり,陸上・短距離を専門として部活に励んでいました。今でも運動する習慣を続けるよう努力しています。ヘルスプロモーションサイエンス学域に在籍するスタッフの方々には,実践面でもヘルスプロモーションに努めてほしいと思っています。学域内でスポーツイベントなどを主宰することで,学域長としてサポートできればと考えています。
 
1年間,どうぞよろしくお願いします。

中間発表会と歓迎会

2018年4月 3日

本日は修士2年生の研究計画発表会が開催されました。

修士論文の研究計画書を執筆し、それをもとに学域内でプレゼンテーションを行います。

アドバイスや新しいアイデア、いろいろな意見が飛び交いました。

IMG_6133.jpg

発表会の後は恒例の新入生歓迎会が行われました。

今年は初めての試みとして、M2の学生に研究室の紹介をしてもらいました。

指導教員の前で学生が研究内容を伝えるというのは新鮮でした。

IMG_6136.jpg

IMG_6153.jpg

IMG_6157.jpg

(古市泰郎)