東京都立大学 ヘルスプロモーションサイエンス学域

副専攻特別研究発表会

2019年12月 6日
副専攻教務を担当しております准教授の眞鍋です。
 
ヘルスプロモーションサイエンス学域では、学部学生に健康について幅広く正しい知識を持っていただきたく、副専攻コースを提供しております(ウェブサイト:http://www.comp.tmu.ac.jp/fukusenkou/index.html)。先日、副専攻コースで特別研究を行った学生の発表会が開催されました。発表会は、副専攻コースの総仕上げとして特別研究を1年間行い、その研究成果をポスター1枚にまとめて発表する形式です。今年は12名の発表があり、主専攻の授業や実験実習が忙しい中、副専攻研究にも挑戦し、その成果をしっかりとまとめていました。発表の90分間は、途切れることなく質問が出て、大変盛況な発表会となりました。今後、副専攻コースを取得しようと考えている学生さんへの大変良い刺激になったかと思います。
皆さまお疲れさまでした。
 
0.jpg
 

ボッチャ体験教室

2019年12月 2日

荒川スポーツ振興プロジェクトは、首都大学東京・教育改革推進事業(首都大版GP)の支援を受け、実施しています。

 

こんにちは!助教の福原です。

2019年10月23日(水)、30日(水)の2日間にわたり,昨年度に引き続き本学荒川キャンパスにてボッチャ体験教室を開催しました。

DSC_0088.JPG

1日目は基礎技術を, 2日目はより競技の特徴を理解するため,ゲームで使える応用技術を学びました。本年度も杏林大学の学生さんが講師となって,本学の荒川キャンパスの学生さんを対象に指導していただきました。

ボッチャの投擲スキルは非常に繊細な運動感覚が必要となります。腕の動かし方,回転のかけ方,そして戦略的な考え方,なかなか奥深いものでした。パラスポーツに興味がある方々が集まり,スポーツのひとつとして純粋に楽しむことができました。

IMG-0617 (1).JPG

パラスポーツを体験し・体感し,そして実際に楽しむことは,医療従事者としてこうした領域に貢献する上で重要な経験です。単にパラスポーツを楽しむだけではなく,どうすれば楽しめるのかを学べた今回の機会は,受講者の有益な学習機会になったと思います。

また11月にパラバドも開催されましたので,後日ご報告いたします。

 

福原和伸