東京都立大学ヘルスプロモーションサイエンス学域
東京都立大学 ヘルスプロモーションサイエンス学域

第67回日本体育学会

2016年8月27日

教授の樋口です。

8月24-26日に,大阪体育大学にて第67回日本体育学会が開催されました。ヘルスプロモーションサイエンス学域の教員も,例年複数参加している学会です。

私の研究室からは,助教の福原和伸先生が体育心理領域で発表をしてくれました。

昨年度修了した丸山智子さんが修士論文のテーマとして取り組んだ内容について, さらなる分析を進めたデータを報告しました。発表タイトルは,「テニス熟練者の打球方向予測における大域的な知覚方略の利用:スローモーション再生呈示による動作認識の検討」でした。

学会には,本学の体育実技科目をご担当いただいている他大学の先生も多く参加しておりました。私が拝聴した体育心理のセッションにおいては,日本大学の佐藤佑介氏が口頭発表をされました。「体操選手における着地時の視線安定」という内容でした。

研究でも様々な活躍をされている先生方に体育実技をご担当いただいていることに, 改めて感謝の気持ちがわきました。