首都大学東京ヘルスプロモーションサイエンス学域
首都大学東京 ヘルスプロモーションサイエンス学域

福原先生サバティカル研究留学帰国報告会が行われました

2018年10月12日
こんにちは.助教の井村です.
今月10月4日は,昨年度後期にサバティカル制度を利用してオランダに研究留学をされた福原先生の帰国報告会でした.
 
留学先研究室の選定や,オランダの滞在手続き,現地での生活基盤の整え方,そして留学先で得てこられた様々な成果を,わかりやすい言葉でお話ししていただきました.
図1.jpg
 
福原先生のご専門はスポーツ心理学で,プロスポーツ選手には競技中にどのように視覚情報を認知しているかについての研究をされています.留学先であったアムステルダム自由大学は,Human movement Science(身体運動科学)の権威で,人間を対象とした研究が盛んな大学です.そちらの大学で同じくスポーツ心理学で活躍されているDr.David Mannのもとに留学されました.
オランダの大学院での研究は,スーパーバイザーを社長とした個々の企業みたいなもののようです.
大学の研究施設は,人間を対象とした様々な実験ができるよう専任のテクニシャンがおり,充実しているようです.
日本では研究者の生活スタイルは修行僧のようですが,ヨーロッパに行くとなぜか優雅な時間の中で成果が出るようです.
このように,実際に行って見ないと体験しえない様々な情報をお話しいただけました.
 
もともと海外での研究にとても興味をもっておられたということで,今回の研究留学を最大限に生かそうと努力されたご経験のお話が,学生にとっても,また教員にとってもとても興味深かったと思いました.また福原先生ご本人もお話しされていましたが,自身の研究の強みをしっかりと持ってドアをたたけば異国での道は開ける,とのお話が印象的でした.
 
陰性・教員とともに多くの刺激に感化された時間となりました.
図2.jpg